カフェ風インテリアに必要なのはこの雑貨だった!

>

食べる場所を変える

光を味方に!

部屋の雰囲気を支える重要なものの一つに、光の使い方があります。
まずは、自然光を活用していきましょう。
自然光が一番差し込むのは、窓辺。この贅沢な場所に、机と椅子を並べてみると、カフェっぽい雰囲気が出るようになります。庭や広いベランダがある場合は、そこにも机など置いてみると、テラス席のような雰囲気が出せます。一番良い位置には席を置く、これはたしかにカフェの鉄則ですよね。
自然光の次は、照明の選び方です。ポイントは、落ち着くオレンジ色の光を選んでいくこと。ペンダントライトが基本です。いくつか並べてみても雰囲気が出て便利なアイテムです。また、白熱電球をウォールランプに使ったり、ヴィンテージ重視の場合は蛍光灯にシールを張って文字や絵を浮かび上がらせるなどの方法もあります。

椅子と机の選び方

カフェに欠かせないものの一つに、テーブルと椅子があります。このチョイスで、部屋の雰囲気が同じカフェ系でも大きく変わってくる大事なポイントです。
まずは、おしゃれなバーのようなカフェを目指す場合。足が長くて座面が高いだけで雰囲気が出るので、そういったチェアやテーブルを選んでいきましょう。また、背もたれのないチェアを選ぶと、よりリアリティが出ます。
落ち着いた空間を目指したいときは、布を張ったソファーや木目調の丸みを帯びたテーブルを選びましょう。ヴィンテージスタイルの部屋には、革製のソファがなじみます。
椅子は、あえて種類を変えてみるのもカフェ風に。ホワイト統一のお部屋であれば、形は違うけれど白い椅子、逆に形だけ同じで色違いを集めるのもポップな部屋になります。


TOPへ戻る